あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

家庭菜園番外編!おばあさんのお手伝いで、三度豆(インゲンマメ)の種まきしました!

f:id:abeshi01:20171113232009p:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。みなさんはご存じでしょうか、三度豆。読み方はさんどまめです。今日は帰省日記二日目、家庭菜園番外編です!『三度豆の種まき』をしましたよー!

家庭菜園番外編!三度豆(インゲンマメ)の種まきしました!

おばあさんが三度豆、三度豆言っているのを聞いていて、一体何の豆なんだろうと不思議に思っていましたが、なんのことはありません。インゲンマメのことです!念のためにWikipediaで調べてみたので間違いないと思います! 

三度豆(さんどまめ)は、年に3度収穫できる豆のこと。地方によって示す種が異なる。

・インゲンマメ

・サヤエンドウ

年に3度収穫できるから三度豆なんですね。勉強になります!我が家では植え付けする予定はなかったので、家庭菜園のプロ(おばあさん)の指導のもと一緒に種まきをすることになりました!

 

今回まく種はこちらです!この『つるあり絹莢』を2袋まいていきます!
f:id:abeshi01:20171113223008j:image

そしてここが今回の畑です!片側のパイプを挟むように2列まきます。パッと見だと、もう何か植えてあるし、どこに種をまくの??と思ってしまいますが、インゲンマメはつる植物なのでパイプの側がいいのだそうです。
f:id:abeshi01:20171113223024j:image

種の色は白なのです!植える溝をクワで10㎝程掘り、4~5㎝間隔で種を置いていきます。次に種を指で少し押し、埋めまていきます。
f:id:abeshi01:20171113223046j:image

2列まき終えました!このように種は少しパイプ側によせておきます。そうすると成長していくにつれて、ツタがパイプに絡んでいくことができます。
f:id:abeshi01:20171113223102j:image

土をかぶせて完成です!畝のようにする必要はありません。作業終了後は再び平らな地面に元通りです。種をまいた場所には、種の袋を置いておくと忘れなくていいそうです。
f:id:abeshi01:20171113223118j:image

というわけで、お疲れさまでした!こうやって一緒に畑仕事が出来るといいですね。一緒に作業出来て嬉しいし、色々教えてもらうことができて勉強になります。この冬は無理だと思いますが、種まきの仕方は分かったので、我が家の畑でも育ててみたいと思います!それではー!