あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

やっと終わった…。4年7ヶ月続いた『通院』から無事卒業しましたのでご報告します。

f:id:abeshi01:20171109153607p:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。先々週に引き続き嬉しいご報告をすることができそうです!本日、うつ治療のため4年7ヶ月続いていた『通院』から、ついに卒業することになりましたー!!!

abeshi-syokupan.hatenablog.com

やっと終わった…。4年7ヶ月続いた『通院』から無事卒業しましたのでご報告します。

お薬の卒業の時もそうでしたが、今回もついに!ついに!!といった感じです。あまりに長くて、完全に生活の一部になってしまっていた通院から卒業することができました!だって4年7ヶ月ですよ!大学生活よりも長いし、子供だったら結構成長しちゃうくらい長いし、治療を開始した時にはもちろん、治療中にもこんなにも治療が長期化するとは思ってもみませんでした。

 

ただ、今回も予想以上にあっさりと告げられました。見て頂いていた先生が、実は少し特殊だったのかもしれませんが、『通院やめてみる!?もう大丈夫ですよっ!』という感じの軽めなノリで笑。少しは予想していた展開でしたが、その展開の速さにやはり戸惑ってしまい『ハイ!』と答えるのが精いっぱいで、今までお世話になったお礼とかもしっかりはっきり伝えることも出来ずに診察が終了してしまいました。

 

いざ通院しなくていいよ!と言われた今の心境は、『今まで長かったな。しみじみ。』というよりも、『やっと終わった…。もう行かなくていいんだ。きょとん。』というような感じです。病院が終わったという衝撃がすごすぎて、とりあえずその事実のみを理解することで精いっぱい。まだ自分の中で全く整理できていません。だんだんと実感していくんだろうなと思います。

 

やっぱりというか、念を押されたのが、『通院はもう大丈夫だけど、調子悪くなったらすぐに来てね!』ということでした。もう戻りたくないので、全力で無理しませんよ笑。 だた、うつ治療の難しさを改めて感じてしまったというか、薬を卒業して、通院まで卒業したからといっても、治療自体はまだ続いていくんだよ!ということを、しっかり釘を刺されてしまった気がしてます。

 

結局、うつってどうなったら完治したといえるの??という永遠の課題からは脱出出来ていません。今度は再発のリスクとお付き合いが続いていくことになるのでしょう。この課題と向き合い、リスクとは手をつないで、この条件の中で一歩ずつ進んでいくしかないんですね。

 

自分や家族の健康などから目を背けて、人生のある時点まではひたすら走り続ける人生よりはいいのかなと思えるようになりました。特に疑問も抱かずに、世間的にはこうあるべきという姿を『理想』として追いかける生き方をしていたので、ここに気がつけたことは良かったと思います。疑問を抱かずにいた過去の自分、今考えると少し怖いです笑。

 

もちろん一種類の生き方しかないわけではないけど、多数派の生き方がいいものだとしてしまうのは、やっぱり嫌です。このシステムだと、今の世の中に当てはまれない一定数の人たちが絶対に出てきてしまいます。働き方は人生の結構な部分を占めていくことですので、大学→就活→就職の一択じゃなくて、雇われるのか、フリーでいくのかぐらい、普通に選べる世の中になればいいのにと思います。働き始める歳もみんなバラバラでいいし、勉強したくなったら大学に戻ればいいし、住む場所だって自由に選びたいですよね。

 

今まで考えていなかったことを、こうしてあれこれ考えてきたから、ここまで来れたのかなと思います。通院の終りは結局、一つの通過点でしかないのかもしれませんが、一歩進めたことは紛れもない事実です。これからも、これはもうやらなくても平気、こんなことができるようになった!ということを確認しながら日々過ごしていきたいと思います。それではー!