あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【防災】ちょっとの心がけ。『半分まで減ったらガソリン満タン』を習慣にしよう!

給油するガソリンスタンド従業員のイラスト

f:id:abeshi01:20170930114933p:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は普段から意識することで簡単にできる防災ネタのお話です!

ちょっとの心がけ。『半分まで減ったらガソリン満タン』を習慣にしよう! 

ところでみなさん、車のガソリンを入れるタイミングっていつでしょうか?ほぼ使い切ってから入れる、半分まで減ったら入れる、スタンドを見つけたら入れる、色んなスタイルがあると思います。

 

ガソリンの値段がここまで下がったら入れる!なんてこともあるかもしれませんね!ただ、防災的な観点から、少なくとも半分まで減ったら入れるようにしておきましょう!

 

被災した時には、ガソリンはとても貴重になります。避難するために車で遠くまで移動する必要が出てくるかもしれません。遠くまで避難しなくても、ガソリンが残り少ない状態でライフラインが回復するまで待たなければならない心理的なストレスは相当なものです。

 

東日本大震災の時には、当日にはすでにコンビニから商品のほとんどが消え、数日でガソリンスタンドで給油できない状態になっていました。思ってる以上に早いスピードで物資はすぐになくなります。どこどこのスタンドにガソリンがまだ残ってる!なんて情報も流れてきたりしましたが、その時点で動いてもすでに遅かったりします。

 

てすので、被災時にはものの買い占めは必ず起こってしまうものと考えて、普段から自分でできる備えをしておきましょう。ライフラインがなかなか復旧せずに最後まで困ったのは、水道とガソリンだったと思います。

 

もっといいのは、普段から半分でガソリン満タンを習慣にしながら、携行缶にガソリンを入れておくことです。そこまでしておけば、ライフラインが復旧するまではなんとかなると思います。普段からのちょっとの心がけでできる事だと思いますので、ぜひ試してみてください!それではー!