あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

虫がだめなら田舎では生きていけないの?は本当なのか問題について考えてみた!

こんにちは、あべし(@honjituno)です。昨日はアースレッドの話でしたが、今日も虫のお話です。虫がだめなら田舎では生きていけないのでしょうか?

虫がだめなら田舎では生きていけないの?

よく聞く噂です。田舎には虫がたくさんいるから、虫がだめだと生活できないというやつです。今ぼくは田舎住んでいますが、虫だめな方なんですよ…。

 

今借りているお家の周りも、田舎の例外にもれず、虫がたくさんいる環境です。

 

家の隣には家庭菜園用の畑があるし、家の近くには林があり…というか、そもそも田園地帯の中にある集落です。山奥よりかはマシかもしれませんが、なかなかの環境です。

 

この地域に引っ越してきたことは、むし嫌いの人からしたら、自殺行為にみえてしまうかもしれません。でも、ぼくもむし嫌いですが、そんなつもりはありません。

 

生きていけないなんてことは、ないんじゃないか?と思っているからです。

 

もし、噂が本当だとするなら、田舎に住んでいる人はみんな虫が苦手ではないことになってしまいます。

 

慣れの問題だと聞きますが、ずっと住んでいるけど、全然慣れない!絶対無理!!って人もいるはずです。

 

そうだとするなら、そういう人たちはどうやって生活しているのか?そこで生活しなきゃなんない!という状況に置かれてしまった人は一体どうしているのでしょうか?

 

きっと、何らかの対抗策をとっているはずだと思います!

 

先日我が家でも使用したようなアースレッドを使う、虫の侵入経路を無くすように隙間をしっかり塞ぐ、クモは生かしておく、ゴキブリが出ないようにいつも部屋をキレイにしておく、玄関や軒先にムシコナーズを置く、出会ってしまったとき用のグッズを用意しておくなどなど。

 

虫は本当に嫌だけど、それが理由で住む場所が制限されてしまうのって嫌なんです。それなら、虫がだめな人でも、どうしたら普通に生活できるのかを本気で考える方がいいです。

 

虫はどこにでもいます。田舎でも、都会でも、多いか、少ないかの違い。出会ってしまう確率が高いか、低いかの違いです。奇跡的にこのエントリを書いている時にも、部屋に虫が出てしまいました笑。

 

虫がだめだというぐらいで、田舎に住めないとしたら、都会にしか住めなくなってしまいます。ですのでぼくは、虫がだめだけど田舎に住んでいる一人として、色々とブログに書いていこうと思います。

 

今日みたいな田舎の虫論とか、実施した害虫対策、こんなこと書いてるけど田舎に住んでいることを後悔したエピソードなどなど、書けることはたくさんあるはずです。

 

こんな感じのエントリに需要があるかどうかは謎ですが、ぼくの虫レベルが少しずつ上がっていくのを見守って頂けたら嬉しいです。引っ越しから数日しかたっていませんが、すでに色々ありました笑。明日からも頑張ります!それではー!