あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【神保町】ミステリ専門店『@ワンダー』で見つけてきた古本たちを紹介します!

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は神保町のミステリ専門店『@ワンダー』で購入してきた古本たちを紹介します!かなりマニアックかもしれませんが、お付き合い頂けたら嬉しいです!

ミステリ専門店『@ワンダー』で見つけてきた古本たちを紹介します!

今回の神保町訪問で一番楽しみにしていたのが『@ワンダー』でした! 今日は今回の@ワンダー訪問で手に入れた古本を紹介していきます!

 

もちろん!店内の本には価格的に手を出せないので、外の本棚に並んでいるものの中から発掘してきました 笑!それでは早速紹介していきますね!

日時計 クリストファー・ランドン

f:id:abeshi01:20170529231213j:image

東京創元社の『クライムクラブ』のうちの1冊です。装丁がめちゃくちゃおしゃれですね!

完全犯罪 小栗虫太郎

f:id:abeshi01:20170529231230j:image

日本人作家でポケミスに入っている3人のうちの1人、小栗虫太郎の本を見つけてしまいました。初めての虫太郎でした 笑!おそらくカバーもない状態の本だったので、外の本棚で見つけられたのかと思います。

新世界文学全集7

f:id:abeshi01:20170529231244j:image

全然知らない本でしたが、奥付を見てみたら昭和15年発行(河出書房)と書いてあり、戦前(戦時中?)の本だったので思わず手を伸ばしてしまいました。全集の中に入っているのは『バラントレイ家の世嗣』と『闇の奥』という作品のようです。

殺意 フランシス・アイルズ

f:id:abeshi01:20170529231300j:image

こちらも東京創元社の本で、世界推理小説全集の1冊です。しおり、月報付きでした。箱の状態もなかなかよさげです。

英国が私をつくった グレアム・グリーン選集4

f:id:abeshi01:20170529231316j:image

最後はグレアム・グリーン選集の1冊。早川書房から出ていた本で、昭和35年発行となっていました。ヤフオクでよく見かけていたシリーズの本だったので、『これは!!』と思い、さっと確保しました。

 

以上です!ミステリ専門店だし、神保町のお店だし、当たり前かもしれませんが、ブックオフには絶対に置いていない本に出会うことができました!値段も216円~324円と良心的!やっぱり神保町はいいですね!

 

さて!長々と書き続けてきた『神保町訪問シリーズ』ですが、今回のエントリで一回終りにします!書きたいなと思ったことは一通りかけたような気がしているので、こんなことを書いてしまっていますが、書き忘れていたことがあれば思い出した時にまた追加でブログを書きますね!今回も見たことなかった本にたくさん出会えて楽しかったー!それではー!