あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【神保町】珍しい本に出会えるかも!?三省堂古書館にある『アガサクリスティ』コーナーをチェックしよう!

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は非常にピンポイントですが、神保町のミステリ小説スポットを紹介します!少し油断すると見落としてしまうポイントがあるんです。三省堂古書館にある『アガサクリスティ』コーナーも忘れずチェックしましょう!

珍しい本に出会えるかも!?三省堂古書館にある『アガサクリスティ』コーナーをチェックしよう!

見落としてしまいがちだと、個人的に思っているポイントです。もしかしたら、全然そんなことないよ!といわれてしまうかもしれませんが、少しだけ奥まった場所にあるので、注意が必要です。

 

三省堂古書館は、基本的に古書店ごとに本棚が割り当てられているのですが、シリーズ作品や著者ごとに割り当てられている棚もあります。それが『シャーロックホームズ関連』のコーナーと、今日紹介する『アガサクリスティ』のコーナーです。

 

場所についての説明をすると、行ったことがある方は分かると思うのですが、まず三省堂古書館は三省堂書店の4Fの奥の方にあります。そして、一番手前の棚(ジグソーハウスさんとかが入っている棚)があり、その棚をぐるりと回って裏側に、ぽつんとした雰囲気で『アガサクリスティ』コーナーがあるんです。

 

売り場はアガサクリスティで統一されているので、置かれているのはポケミスや創元推理文庫、早川ミステリ文庫、その他(原書など)といった雰囲気です。

 

どうしてこのコーナーもチェックするようにしているかというと、まず価格が安いからです。ジグソーハウスさんの棚などを見てみると、珍しいミステリ小説がたくさん並んでいて、『うわぁー!』と目をキラキラさせながらずっと眺めていられるのですが、高いんです 笑!!手に取って、これなら買える!と思える棚って結構限られているんです。

 

次に、見たことない種類の本が並んでいる確率が高いからです!古本を探していて、こういう本に出会う瞬間ってすごい嬉しいんですよね!今回の訪問でも面白い本が並んでいました、しかも100円で!その面白い本とは『原書』なのですが、こういう本はブックオフにはほとんど並んでないんです。神保町ならではですよね。

 

こちらが今回『アガサクリスティ』コーナーで買った本たちです。全部1冊100円でした。おそらくドイツ語版の原書もあって、そちらも購入しちゃいました!
f:id:abeshi01:20170521235254j:image

おまけで、『シャーロックホームズ関連』コーナーからの1冊。新潮文庫版のシャーロックホームズの思い出です。蔵書印が押してあるということで、こちらも100円でした 笑。
f:id:abeshi01:20170521235931j:image

というわけで、三省堂古書館内にあるアガサクリスティコーナーの紹介でした!もしかしたら三省堂古書館自体知られざる場所かもしれませんが、三省堂に訪れたらぜひ足を運んでみて下さい!もしかしたらめずらしい本に出会えるかもしれませんよ!それではー!