あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【神保町】ミステリ専門店以外で、ミステリ小説を買うことができるお店(@外の均一台)を紹介します!

こんにちは、あべし(@honjituno)です。また神保町ネタに戻ります!今日はミステリのお店以外で、ミステリ小説を買うことができるお店(@外の均一台)を紹介します!

ミステリ専門店以外で、ミステリ小説を買うことができるお店(@外の均一台)を紹介します!

神保町には『@ワンダー』や『三省堂古書館』、『羊頭書房』など、ミステリの専門店がいくつかあります。そういうお店では、外の均一台をみると必ずミステリ小説を見つけることができるわけですが、専門店以外でもあるところにはあるものなのです!

 

基本的なスタンスとして、100円で買うことができる古本を探し求めるようにしています。そうすると、自然と外の均一台に引き寄せられていくわけです。歴史や近代文学のようなテーマで作られている均一台もあるのですが、ジャンルがぐちゃぐちゃというパターンの台もあり、一冊ずつ根気よく見ていくと、ぽつぽつとですがミステリ小説を見つけることができます。 

 

そこで神保町に通ううちに、『あれ、ここのお店の台って前に来た時もミステリあった気がする!』という台を見つけることができました。ちなみにぼくが外の均一台でよく探しているミステリ小説は、『早川ポケミス』、『創元推理文庫』、『早川ミステリ文庫』などなどです。では早速紹介していきますね!

一誠堂書店

ここのお店の均一台はわりと広めの台で、いつも海外ミステリ系の文庫本を見つけることができます。ですが!今回はなんとポケミスが何冊かどさどさっと置いてありました!

ブンケン・ロック・サイド

こちらのお店も、全然ミステリ専門店ではないと思うのですが、外の均一台ではミステリ小説を見つけることができます!そしてこちらでも、ポケミスを何冊か見つけることができました!

 

神保町を歩く時は、大体いつも通っているルートがあるんですが、こうやって自分が探しているような本が置いてあるポイントを発見すると、そのルートが徐々に充実していきます。その過程が最近とても楽しいです。

 

そしてこちらが今回の収穫です!おまけで書いておくと、古本の達人たちがお店の前に集結している、あの『田村書店』の前の段ボール箱で『幻影城』を数冊発見しました。記念に一冊買ってみました 笑。
f:id:abeshi01:20170520001149j:image

今後このお店も探索ルートに加わっていくのか分かりませんが、次回訪れた時にも探してみたいと思います!今日紹介したお店はどれも、神保町のメインストリートである『靖国通り』沿いにあるので、ぜひ探してみて下さいね!それではー!