あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

神保町でミステリ小説を買いたいなら『羊頭書房』も必ずチェックしよう!

こんにちは、あべし(@honjituno)です。神保町の話題も今日で3日目ですが、今日からいよいよ古本屋さんのお話をしていく予定です!神保町でミステリ小説を買いたいなら、『羊頭書房』も必ずチェックしましょう!

神保町でミステリ小説を買いたいなら『羊頭書房』も必ずチェックしよう!

昨年の神保町古本まつりに参加した時、ミステリ小説を買うならココがおすすめ!っていうブログを書いたのですが、その時は完全に見落としていました。

abeshi-syokupan.hatenablog.com

いや、正確に言うとお店の存在自体は知っていたんです。でも、靖国通りから少しだけ外れた場所にあるお店なので、今まで一度も訪れていませんでした。 

 

そして、小山さんの神保町の古本ツアーの本を読んで、とても後悔してたんです。どうしてこの本を神保町古本まつりの前に読んでおかなかったんだろうと。

abeshi-syokupan.hatenablog.com

ですので、今回は必ず行こうと計画していたのです!そしてついに初訪問しちゃいました!訪問記念にお店の入り口の写真を一枚。均一棚の雰囲気がいい感じですね。

f:id:abeshi01:20170517235035j:plain

まず、外の100円の均一棚をじっくり見てエラリークイーン『Xの悲劇』(創元推理文庫のおじさんマークがついているもの)を発見!!持っていた気がしたのですが、記念に購入してきました!そして、後ろに積んである本も全部見たいという衝動をおさえつつ店内へ。

 

店内に入ってみると、噂通りのSFメインの品揃えでしたが、海外ミステリもしっかりと置いてありましたよ!『@ワンダー』ほどミステリ本はありませんでしたが、三省堂古書館ぐらいしっかりと置いてある感じでした。普段はそんなにしっかりとSF系の本は見ないのですが、これだけずらーっと並んでいるとさすがに『うぉー!』とテンションが高くなりました 笑。

 

というわけで、初めての羊頭書房訪問レポートでした!みなさんも神保町でミステリ小説を買いたいなら、必ず『羊頭書房』はチェックしましょう!必ずですよ 笑!それではー!