あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

永遠に眺めていたい。森英俊さんの『ミステリ美術館』は海外ミステリ好き、古本好きにとって必読の書でした。

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は少し久しぶりに本のお話です!先日の福島県立図書館に訪問した時に借りてきた森英俊さん『ミステリ美術館』が、本当にもうすごかったです!海外ミステリ好き、しかも古本好きな方は間違いなく必読ですよ!

永遠に眺めていたい。森英俊さんの『ミステリ美術館』は海外ミステリ好き、古本好きにとって必読の書でした。

この本のサブタイトルは『ジャケット・アートでみるミステリの歴史』となっていて、海外ミステリの原書の書影を集めた内容になっています。表紙になっているエラリークイーンからはじまって、ジョンディクスンカー、アガサクリスティと続いていきます。

 

ぼくを含めた古本好きにとって、こうして書影を眺めることができるだけで、かなり楽しめるんです。古本屋さんで本を探している時に、今まで見たことがない本に出会うと『へぇー!こんな本があるんだー!』という驚きがあって、それがとても楽しかったりするんですけど、この本を読んでいてほとんど同じ感覚で楽しむことができました。

 

海外ミステリだけかと思いきや、最後の方には国内ミステリの書影も少しだけ出てきます!しかも僕の好きな『早川ポケミス』と『創元推理文庫』の書影もあって、気持ち的に震えながら眺めました。もう、何時間でも見ていられますね。永遠に眺めていたい。

 

こんな本を読んでしまったら、今までは気になったものだけしか手を出してこなかった『ミステリの洋書』にも本気で手を出してしまいそうになってしまいます。でも、福島でこんな雰囲気のミステリの洋書を扱っているお店はおそらくないと思いますけどね 笑。結局、神保町かな。。。

 

今回の本は海外ミステリの書影を集めた内容ですが、もう色々なバージョンの続巻を出していって欲しいです!既に『少年少女昭和ミステリ美術館』という本は出されているみたいですので、そちらの本もぜひ読んでみたいと思います!それではー!