あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

うつのトンネルは必ず抜けられる。田中圭一さんの『うつヌケ』はとても素敵な本でした。

こんにちは、あべし(@honjituno)です。とても素敵な本でした。今日は田中圭一さんの『うつヌケ』を紹介します!

うつのトンネルは必ず抜けられる。田中圭一さんの『うつヌケ』はとても素敵な本でした。

本のタイトルからうつにまつわる本なのかなと思っていたら、やっぱりそうでした。そして読んでみたら予想以上に素敵な本でした。

 

マンガなのでさらっと読めてしまいますが、密度がすごいです。今まさにうつの一番苦しい時期にいる人や、大切な人がうつで苦しんでいるという人にとって、希望が持てる内容だと思います。

 

実際にうつのトンネルを抜けた人たちがいるというのは、本当に励みになると思うんです。ぼくもうつですよと診断されてから今度の4月で4年になりますが、トンネルを抜けているのかどうか分からない微妙なところだともやもやしていました。でもこの本を読んで、それでもいいのかなと思えました。

 

よくある『うつは心の風邪です!』という表現をばっさりと切り捨てているのもいいですね 笑!うつは風邪なんて生易しいものじゃないんだー!!というみんなの声をしっかり書いてくれていて嬉しいです!実際はどういうものなのかというのはうつヌケを読んでみて下さい!