あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

北欧ミステリ読もう!ユッシ・エーズラ・オールスン『特捜部Qシリーズ』の順番を紹介します!

こんにちは、あべし(@honjituno)です。2日連続で古典ミステリ順番紹介をしましたが、どうせなら3日連続でミステリ小説紹介エントリにしてしまいます!

 

ただ今日紹介したいのは、これまでと少しだけ趣向を変えて、現代ミステリです。しかも流行りの北欧ミステリ、ユッシ・エーズラ・オールスン『特捜部Qシリーズ』の順番を紹介します!

北欧ミステリ読もう!ユッシ・エーズラ・オールスン『特捜部Qシリーズ』の順番を紹介します!

このシリーズ、ぼくの大好きなポケミスなんですよ!そして北欧ミステリということもあって気になっていたシリーズでなんです。そしてこのシリーズがズラーっと並んでいると、すごい存在感があるんです。とっても分厚いから 笑!

 

そして、このシリーズもタイトルだけではシリーズの順番が分からないんです!ポケミスの背表紙には番号が書いてあるから、小さい番号のものから読んでいけば順番通りになりますが、折角ですので順番通りに並べておきます!

 

リンクは文庫版のものもありますが、ポケミス作品ですのでポケミスのリンクにしてみました!早速紹介していきます! 

 特捜部Q 檻の中の女

特捜部Q キジ殺し

特捜部Q Pからのメッセージ

特捜部Q カルテ番号64

特捜部Q 知りすぎたマルコ

特捜部Q 吊された少女

 以上、6冊です!

 

このシリーズの装丁とてもかっこいいですよね。どれも表紙に『特捜部Q』と書かれているので、このシリーズだということはわかるんですけど、どれから読んだらいいのかパッと見では全然分かりません。

 

少し前から翻訳ミステリ小説では、北欧ミステリが流行中です。北欧ミステリというと、真っ先に思い浮かぶのはこのブームの火付け役である『ミレニアムシリーズ』なんですけど、この特捜部Qシリーズもぼくの中ではなかなかの存在感があります。

 

なぜかというと、

 

それは、

 

デンマークの小説だからです!一度行ってみたいんです、デンマーク 笑!この小説を読めば、きっとデンマークのことが色々書かれていると思うとワクワクが止まりません。

 

 そして作者のユッシ・エーズラ・オールスンといえば、記念すべきポケミス1900番の『アルファベット・ハウス』もあります!もちろんこちらも超分厚いです!特捜部Qシリーズと一緒にこちらも一緒にまとめ読みされてもいいかもしれませんね!それではー!

 

*1:ハヤカワ・ポケット・ミステリ