あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

終りが見えない…。話題の『一九八四年』がなかなか読み進められない件について

こんにちは、あべし(@honjituno)です。話題なので軽い気持ちで読み始めてみたものの、今だ読み終えられずにいます。はたして最後までたどり着くことができるのか。。。

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)

一九八四年 (ハヤカワepi文庫)

 

 

終りが見えない…。話題の『一九八四年』がなかなか読み進められない件について 

けっしてネガティブなエントリではないですよ 笑。ただここまで苦戦しているのは久々なので、『だったらこの苦戦しているという状況をブログに書いてしまおう!』と思ったわけです。

 

この一九八四年ですが、少し前にブログに書いたように、トランプ大統領誕生で話題になっているSF小説です。オルタナティブファクトという言葉と似た『二重思考』という言葉がこの小説には登場します。

abeshi-syokupan.hatenablog.com

けっしてスラスラと読める雰囲気ではないんです。でも全く理解できない文章がえんえんと続いているわけではないんです。かれこれ1~2週間ぐらいこの小説と向き合っています。一日中読書をしているわけではないですが、それでもようやく半分ぐらい読めたというところです。

 

読書好きです!と言いながら、年間200冊ぐらいは読書をしているので、少しは自分の読書レベルは上がっているのかな!?と思っていましたが、たまにこういう本が出てくると、『自分、まだまだだな…』って思ってしまいます。少しくらい読みにくくても、サラサラと読めるぐらいのレベルに達してみたい(何年かかるか分かりませんが)。

 

今日のブログはこれだけです!この終りが見えない感じに共感して下さる方がいたら嬉しいです 笑。せっかく『読み進められないよー!!』というブログを書いたので、この小説を無事に読み終えることができたら、またブログで報告したいと思います。それではー!