あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【全力で応援したい!】地道に頑張ってほしい!『フランス語未訳短編発掘プロジェクト』って知っていますか??

こんにちは、あべし(@honjituno)です。みなさん、ご存じでしょうか?『フランス語未訳短編発掘プロジェクト』という、超素敵なプロジェクトのことを!

地道に頑張ってほしい!『フランス語未訳短編発掘プロジェクト』って知っていますか??

全然知らなかったんです。みなさん知っていましたか??まずは、以下の翻訳ミステリ大賞シンジケートさんのエントリをお読みください。

d.hatena.ne.jp

フランスミステリといったら、最近『傷だらけのカミーユ』を読んだばかりだったので、余計に魅力的に感じてしまいます。

abeshi-syokupan.hatenablog.com

こういう地道な活動がぼくらの読書ライフを支えてくれているんですよね。短編から面白いものを発掘していって、長編の翻訳へと繋げていく。過去の未訳作品を出版し続けている『論創ミステリ』さんとも、根っこの部分では通じるものがあるなと思います。

abeshi-syokupan.hatenablog.com

フランスミステリに関わらず、こうした海外ミステリの翻訳って、本当にほんとーに大変な作業だと思います。 単なる一読者であるぼくには本当に想像もつきません。

 

でも、可能な限りずっと続けていって欲しいです。海外ミステリを読むことや、こうしてブログを書くことでしか応援することは出来ませんが、全力で応援していきたいと思うので!

 

だって、おもしろい翻訳ミステリ読みたいじゃないですか。日本語に訳されている海外ミステリは、世界中のミステリ小説のほんの一握りの作品しかないと思うんです。ぼくたちの目にふれる機会がなく、完全にスルーしてしまっている超面白い作品がきっと山ほどあることでしょう。

 

でも、このフランス語未訳短編発掘プロジェクトのように、少しずつでも翻訳していけば、翻訳者だって育っていくし、フランス語だけではなくて、最近はやりの北欧の方の言語(デンマーク語とか、フィンランド語とか)や、英語訳されていないマイナーな国の作品だって読めるようになっていくと思います。

 

 というわけで、これからも面白い短編を発掘していって欲しいです。というか翻訳って単純に面白そうだし、原書で読めるようになれば読書の幅も広がるし、いいことたくさんありそうですよね。ぼくも英語の原書で読めるようになりたいと思っているので、これからも読書も語学も頑張ります!それではー!

Camille: The Brigade Criminelle Trilogy Book 3 (Brigade Criminelle Series)

Camille: The Brigade Criminelle Trilogy Book 3 (Brigade Criminelle Series)