読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【福レポ】白河鹿島神社で厄払いの付き添いに行ってきました。

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は、地元の神社で厄払いをしてもらったお話です。いや、ぼくではなくて奥さんがです。ぼくはただの付き添いでした。

白河鹿島神社で厄払いの付き添いに行ってきました。

白河の鹿島神社といえば、2年に一度の『提灯まつり』ですね。今年はじめて見物し、ブログにも書かせていただきました。

abeshi-syokupan.hatenablog.com

今回は提灯祭りではなく、奥さんの『厄払い』でお世話になりました。

 

今年に入ってからブログでも何度か書いていますが、今年の目標はきちんと暮らすこと。今年は奥さんが本厄の年なので、せっかくですしきちんとした厄払いをして頂こうということになりました。

 

お祭りの時は夜の訪問だったため、辺りは真っ暗だったわけですが、今回はお昼におじゃましました。前回ははっきり見て回れなかったのですが、入り口から立派です。歴史を感じますね。
f:id:abeshi01:20170120224549j:image

狛犬もキリッとしていました。
f:id:abeshi01:20170120224605j:image

太鼓橋もはっきり。素晴らしいです。
f:id:abeshi01:20170120224625j:image

そして、今回の訪問ではじめてその存在を知ったご神木!樹齢およそ1000年だそうです。
f:id:abeshi01:20170120224644j:image

一通り散歩をしてから、今回の目的である厄払いをして頂くために本殿の中へ。あの、お賽銭の箱の先にあるゾーンです。

 

 名前と住所を書くだけの簡単な受付があり、すぐに厄払いがはじまりました。ぼくはあくまで付き添いなので、奥さんが座っている少しだけ後ろに座って見守る形でした。

 

ですが、付き添いといいつつも、お辞儀したり、拍手したりは一緒にやるので、雰囲気的にはほぼ一緒に厄払いをして頂いた感じ。初穂料は5000円でした!

 

最後はお神酒を頂いたり、お守りや御札を頂いて無事に厄払い完了。全行程で10分程度でした。

 

暮らしの中のことを一つずつきちんとやっていくのは、やはり気持ちがいいです。そして楽しい。次はぼくが主役の厄払いが約10年後にあるので、ぜひまたお世話になりたいなと思いました。それでは!