あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

一編の詩を本にしたくて生まれた出版社、『夏葉社』を知っていますか?

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日はある出版社のお話です。以前ブログでも紹介させて頂いた『就職しないで生きるには21』シリーズの一冊、『あしたから出版社』を紹介します。

abeshi-syokupan.hatenablog.com

一編の詩を本にしたくて生まれた出版社、『夏葉社』を知っていますか?

前に一度読んでいたのですが、もう一度読み返してみました。やっぱり面白かったです。

 

夏葉社立ち上げのきかっけとなったのは、ヘンリー・スコット・ホランドの『Death is nothing at all』という一編の詩でした。『あしたから出版社』では、著者の島田さんが出版社を立ち上げていく経緯がすべて書かれています。

あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)

あしたから出版社 (就職しないで生きるには21)

 

夏葉社さんの本はどれもこれも素敵な雰囲気です。『レンブラントの帽子』、『昔日の客』、ホランドの詩をのせた『さよならのあとで』。この本を読んだ後、夏葉社さんの本をどれも読んでみたくなりました。

レンブラントの帽子

レンブラントの帽子

 

 

昔日の客

昔日の客

 

 

さよならのあとで

さよならのあとで

  • 作者: ヘンリー・スコット・ホランド,高橋和枝
  • 出版社/メーカー: 夏葉社
  • 発売日: 2012/01/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

今では17冊もの本を出版されているそうです。すごいですね。みなさんも、まずは『あしたから出版社』を読んでみて下さい。きっとどの本も読んでみたくなりますよ!それでは!