あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【おすすめ】本の雑誌401号『北方謙三ならこの10冊だ!』が面白かったので、紹介されていた10冊を紹介します!

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は本の雑誌の面白かったエッセーのお話です。『北方謙三ならこの10冊だ!』で紹介されていた、北方謙三さんの10冊を紹介します。

本の雑誌401号『北方謙三ならこの10冊だ!』が面白かったので、紹介されていた10冊を紹介します!

実は北方謙三さんの小説をまだ読んだことありません。ただ前々から気になっていたので、今回のエッセーを見つけてまずここから読み始めました!

 

このエッセーを書かれたのは、北方謙三さんの秘書をされている東えりかさん。ちなみにこの北方謙三ならこの10冊だ!が掲載されているのは、本の雑誌2016年11月号(401号)ですよ!

では早速紹介していきますね!

逃がれの街

碑銘

火焔樹

武王の門

風樹の剣

棒の哀しみ

三国志

水滸伝

望郷の道

 いかかだったでしょうか?北方謙三さんといえば、三国志というイメージが強かったのですが、それ以外にも面白そうな作品がこんなに。。。その上、一時期は月刊北方と呼ばれていたらしく、その他の作品も膨大にある様子。

 

どの作品から読んだらいいか分からず途方に暮れてしまうので、やっぱり三国志から読み始めたいと思います。みなさんもまずはこのリストから始めてみてはいかがでしょうか?それではー!