読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【石田衣良】短編を読もう!池袋ウエストゲートパーク(IWGP)シリーズの順番を紹介するよ!

読書 読書-小説

こんにちは、あべし(@honjituno)です。読書の秋シリーズ、今回は石田衣良さんの国内ミステリ『池袋ウエストパークシリーズ』です!

池袋ウエストゲートパークシリーズの順番を紹介するよ!

このシリーズですが、 『短編で読みやすいよ!そして面白いよ!』と紹介されたことがきっかけで読みはじめ、今では最近出版された12以外は全て読みました。

 

短編で読みやすいし、面白いです!この秋に池袋ウエストゲートパークを一気読みしてみてはいかがでしょう!?では早速。

1.池袋ウエストゲートパーク

池袋ウエストゲートパーク

池袋ウエストゲートパーク

 

刺す少年、消える少女、潰し合うギャング団…。ストリートの「今」を鮮烈に刻む青春ミステリーのニュービート。オール読物推理小説新人賞受賞。

2.少年計数機

少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2

少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2

 

自分が誰なのか確認するために、まわりのすべてを数え続ける少年・ヒロキ。その笑顔は十歳にして一切の他者を拒絶していた!マコトは複雑に絡んだ誘拐事件に巻きこまれていくが…。池袋の街を疾走する若く、鋭く、危険な青春。爽快なリズム感あふれる新世代ストリートミステリー、絶好調第2弾。

 3.骨音

骨音 池袋ウエストゲートパーク3

骨音 池袋ウエストゲートパーク3

 

世界で一番速い音と続発するホームレス襲撃事件の関係は?池袋ゲリラレイヴで大放出された最凶ドラッグ「スネークバイト」の謎とマコトの恋のゆくえは…。

4.電子の星

電子の星 池袋ウエストゲートパーク4

電子の星 池袋ウエストゲートパーク4

 

アングラDVDの人体損壊映像と池袋の秘密クラブの関係は?マコトはネットおたくと失踪した親友の行方を追うが…。通り魔にギャングの息子を殺されたジャズタクシー運転手に告知された悲惨な真実とは?「今」をシャープに描く、ストリートミステリー第4弾。

5.反自殺クラブ

反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5

反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5

 

今日も池袋には事件が香る。風俗スカウト事務所の罠にはまったサンシャイン60階通りのウエイトレス。伝説のスターが設立を夢見るロックミュージアムの真実。集団自殺をプロデュースするインターネットの“クモ男”―。ストリートの「今」を鮮やかに描くIWGPシリーズ、切れ味がさらに増した第5弾。

6.灰色のピーターパン

灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパーク6

灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパーク6

 

池袋は安全で清潔なネバーランドってわけじゃない。盗撮画像を売りさばく小学5年生が、マコトにSOSを発してきた。“まだ人を殺してない人殺し”マッドドッグ相手にマコトの打つ手は?街のトラブルシューターの面目躍如たる表題作など4篇を収録したIWGPシリーズ第6弾。

 7.Gボーイズ冬戦争

Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパーク7

Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパーク7

 

鉄の結束を誇るGボーイズに異変が生じた。ナンバー2・ヒロトの胸の内に渦巻く、キング・タカシに対するどす黒い疑念。Gボーイズが揺らげば、池袋のパワーバランスも破綻しかねない…。タカシの危機にマコトはどう動くか?史上空前の熱き闘いを描く表題作はじめ4篇を収録した、IWGP第7弾。

8.非正規レジスタンス

非正規レジスタンス 池袋ウエストゲートパーク8

非正規レジスタンス 池袋ウエストゲートパーク8

 

派遣会社からの日雇い仕事で食いつなぐフリーターのサトシ。悪徳人材派遣会社に立ち向かう決意をした彼らユニオンメンバーが次々襲撃される。「今のぼくの生活は、ぼくの責任」と言い切る彼をマコトもGボーイズも放っておけず、格差社会に巣食う悪と闘うことに。表題作他3編収録。大好評IWGPシリーズ第8弾。

9.ドラゴン・ティアーズ―龍涙

ドラゴン・ティアーズ―龍涙 池袋ウエストゲートパーク9

ドラゴン・ティアーズ―龍涙 池袋ウエストゲートパーク9

 

時給300円弱。茨城の“奴隷工場”から19歳の中国人少女が脱走した。彼女が戻らないと、250人の研修生は全員が強制送還される。タイムリミットは1週間。捜索を依頼されたマコトは、チャイナタウンの裏組織“東龍”に近づく。彼女の事情を知り、板ばさみになり悩むマコト。万策つきた時、マコトの母が考えた秘策とは。

10.PRIDE

PRIDE?プライド 池袋ウエストゲートパーク10

PRIDE?プライド 池袋ウエストゲートパーク10

 

自分をレイプしたワンボックスカーの4人組を探してほしい―ちぎれた十字架のネックレスをさげた美女はマコトにそう依頼した。広域指名手配犯B13号を追うさなか、若者ホームレス自立支援組織の戦慄の実態が明らかになる表題作ほか3篇、最高の燃焼度で疾走するIWGPシリーズ第1期完結10巻目。

11.憎悪のパレード 

憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパーク11 (文春文庫)

憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパーク11 (文春文庫)

 

IWGP第2シーズン、満を持してスタート!ストリートの“今”を切り取り続けてきた本シリーズ。時を経て池袋は少しずつ変容しているが、あの男たちは変わらない。脱法ドラッグ、仮想通貨、ヘイトスピーチ。次々に火を噴くトラブルをめぐり、マコトやタカシ、そしてとびきりクールな仲間たちが躍動する。

12.西一番街ブラックバイト

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク12 (文春e-book)

西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパーク12 (文春e-book)

 

過酷な労働を強いられ、辞めることもできない。若者を使い潰すブラック経営者に、Gボーイズが怒りの声をあげる!多くの飲食店を経営するOKグループが若者を使い潰す方法は、“憲兵”が脅し、“腐った五人”が痛めつけること。池袋にはびこるブラック企業に、マコトとタカシが立ち向かう。

まとめ

このシリーズ読んでると、クラシック音楽聞きたくなるし、池袋に行きたくなるんですよね。みなさんも読んだらきっとそうなりますよ!

 

そして嬉しいことに、実は番外編として上記のほかに2冊あります。そちらもぜひぜひ!それではー!

abeshi-syokupan.hatenablog.com