読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【節約】お風呂のガス代節約したい!冬に向けて節約ポイントをおさらいしておこう!

お金のこと お金のこと-節約

f:id:abeshi01:20161001142921j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。節約記事にチャレンジしてみます。今回はお風呂のガス代を節約する時の節約ポイントのおさらいです!

お風呂のガス代節約したい!冬に向けて節約ポイントをおさらいしておこう!

最近急に寒くなってきて、お風呂のガス代がキニナル季節になってきましたね。

 

家計のガス使用量のうち多くを占めている『お風呂』。少しのポイントをチェックして、日々の使い方を見直せば、大きく節約できる箇所ですので、ここで節約ポイントをおさらいしておきましょう!

 

f:id:abeshi01:20161017182503p:plain

これから紹介するポイントでは、普段はあまり気にしない『お風呂の操作パネル』を駆使していきます。あの『お風呂を入れる』とか、『追い炊き』とかのボタンがあるパネルです。これを機にぜひ仲良くなってみて下さい!

1.お風呂の湯量をチェック

まずはお風呂の湯量をチェックしましょう。温度は変えてるけど、湯量の調節は意外と見落としがちではないでしょうか?その日の気分によって半身浴にしてもいいですよね。楽しく節約できると思います。

 

でもここで気をつけたいことは、節約したいからといって一気に湯量を減らさないことです。我が家でも『節約だー!!』と意気込み一気に減らしてみたら、お風呂の満足度も一緒に下がってしまいました。やはりやりすぎは続きませんね。気をつけましょう。

2.お風呂の温度をチェック

 湯量を見直したら、今度は温度の調節をしましょう。お風呂一杯分のお湯はだいたい160~180Lぐらいだとすると、その量のお湯を1℃上げるだけでも多くのガスが必要です。

 

我が家では調節する前では『42℃』でした。どんな日でも42℃。調節後はだいたい40℃ぐらいでも問題ないことに気がつきました。今の季節だと、まだ暖かい日があったりしますので、外気を温目安にして温度を調節するといいかもしれませんね。 

3.お風呂に入る時間をチェック

遅くなればなるほど、外も寒くなってきます。ですので、外気温が下がりきる前の夕方にお風呂に入ってしまいましょう。これは日本の北へ行くほど、標高高いとこになるほど、効果を実感すると思います。

 

我が家も埼玉県から福島県へ引っ越したのですが、冬になると夕方と夜遅くの気温差でも普通に5℃以上あるし、ほんと遅いと氷点下の世界ですからね。寒いと追い炊きしてしまうし、水温低い中温めるから余計にガスを使用してしまうんですよね。 

まとめ

いかがでしたでしょうか?毎月ちょっとでもガス代が安くなると嬉しいですよね。みなさんも本格的な冬を迎える前に節約ポイントをチェックしてみて下さい!それでは!

abeshi-syokupan.hatenablog.com