あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【読書の秋到来!】好きな作家さん、シリーズ一気読みのすすめ!!

こんにちは。あべし(@honjituno)です。

本日のテーマはズバリ「読書」!!ぼくの大好きな読書についてお話したいと思います!

秋ですし、たくさんお話したい本のこと!というわけで、勝手にシリーズ化してみたいと考えてるエントリです。読書の秋シリーズ、第一弾です。

好きな作家さん、シリーズ一気読みのすすめ!

年間およそ8万点もの本が出版されているといわれています。書店に行くと、小説からビジネス書、マンガや雑誌など、たくさんの本で溢れていますよね。

特に秋になると読書シーズンということもあり、色んなフェアがやっていたりして、読書好きには嬉しい季節になったなーと思います。

 

ここで質問です!みなさんは好きな作家さんはいますか?

えっ!いない??それは実にもったいないです!好きな作家さんがいるだけで、読書の幅が確実に広がります。新刊を待つワクワク、書店で偶然平台で見つけた時の嬉しさ。ハンパないです!

では自分が好きな作家さんって、どうやって見つけたらいいのでしょうか?

あくまでぼくの実体験ですが、好きな作家さん探しのやり方を提案します。いたってシンプル。

1.図書館に行く(書店に行く)

2.自分の好奇心に身をまかせ、向くままに本を選ぶ

3.本を借りる(本を買う)

終了!これだけです 笑!!

ピースの又吉さんが「面白い本を読みたいなら、まず100冊読んでみる。そうすれば必ず自分の好きな本の傾向が分かる。」といっていました。ほんとその通りだと思います。

ぼくの場合、リハビリ目的でもともと好きだった読書に没頭してみて、気がついたら昨年一年間で150冊ぐらい(だったかな)読みました。ぼくは読むスピードが遅い方なので、読むのが速い人は半年もあれば100冊は読めてしまうと思います。

あべしのおすすめ作家さん、東野圭吾さん!

人から勧められた本でするっと本の世界に入っていける人、そうでない人がいるかと思いますが、すすめさせて下さい 笑!

いきなり大御所!東野圭吾さんなんてどうでしょうか?こんなこと書いたら少し失礼かと思いますが、今まで本あまり読んだことないよーという人には、最初のとっかかりとしてとてもいいのではないかと思うのです。

はい、ここで東野圭吾さんまめ知識です!

もともと読書家ではなかった、東野圭吾少年。高校生の頃、姉に進められて読んだ小峰元さん著「アルキメデスは手を汚さない」で読書の面白さに開眼!!その後社会派作家の松本清張さんの著作を読み漁り、自分でも小説を書き始めたみたいです。

大学は思いっきり理系の工学部出身(ここら辺のことがガリレオシリーズにいかされているのかな)!卒業後はエンジニアとして就職し、働きながら小説を執筆、江戸川乱歩賞に応募をし始めます。

そして三度目の応募の1985年度、ついに江戸川乱歩賞を受賞!『放課後』で作家デビューを果たしたのです。

放課後 (講談社文庫)

放課後 (講談社文庫)

 

 

が!

今でこそ超のつく売れっ子作家さんですが、初めは誰でも通らなければならない無名作家時代。これでもか、これでもか、これでもかーー!と書き続け、ついに『秘密』で大ヒット!ここら辺から東野圭吾さんの快進撃が始まっていくのです。

秘密 (文春文庫)

秘密 (文春文庫)

 

 

ちなみに今話題の『天空の蜂』は、20年前(秘密のヒット前)にすっごい頑張って書いた超自信作だったみたいですが、世間的にはスルーされてしまいました。時代を先取りしすぎてしまったのですね。

天空の蜂 (講談社文庫)

天空の蜂 (講談社文庫)

 

 

そんな東野圭吾さんが書いている代表的なシリーズものといったら、なんといっても『ガリレオシリーズ』『加賀恭一郎シリーズ』です!両方ともドラマ化、映画化されていますよね!ガリレオの湯川学教授役は福山雅治さん、加賀恭一郎役は阿部寛さんです。

2015年9月現在のお話ですが、ガリレオシリーズは8作、加賀恭一郎シリーズは10作あります。それぞれのシリーズの順番をメモしておきますね!

ガリレオシリーズ

1. 探偵ガリレオ

探偵ガリレオ (文春文庫)

探偵ガリレオ (文春文庫)

 

 

2.予知夢

予知夢 (文春文庫)

予知夢 (文春文庫)

 

 

3.容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)

 

 

4.聖女の救済

聖女の救済 (文春文庫)

聖女の救済 (文春文庫)

 

 

5.ガリレオの苦悩

ガリレオの苦悩 (文春文庫)

ガリレオの苦悩 (文春文庫)

 

 

6.真夏の方程式

真夏の方程式 (文春文庫)

真夏の方程式 (文春文庫)

 

 

7.虚像の道化師

虚像の道化師 (文春文庫)

虚像の道化師 (文春文庫)

 

 

8.禁断の魔術

禁断の魔術 (文春文庫)

禁断の魔術 (文春文庫)

 

 

加賀恭一郎シリーズ

1.卒業

2.眠りの森

3.どちらかが彼女を殺した

4.悪意

5.私が彼を殺した

6.嘘をもうひとつだけ

7.赤い指

8.新参者

9.麒麟の翼

10.祈りの幕が下りる時

 

abeshi-syokupan.hatenablog.com

 2015年でデビュー30周年を迎えた東野圭吾さん。新シリーズものの『マスカレードホテル』シリーズ、これまでの自分をぶっ壊したいという意気込みで書かれた『ラプラスの魔女』にも注目です。今後もどうかお体を壊されずに、いつまでも面白い小説を書き続けられることを願ってやみません。


この二シリーズだけでも、20冊近く積読が増えてしまいますね!これから読む人、羨ましいです!こんなに面白いシリーズを一気読み出来るなんて!!どちらのシリーズも図書館にもあるし、ブックオフにももちろんあります。まずは試しに読んでみて下さい。