読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【うつ】うつなので、大きな決断をしたくないのですが、決断を迫られてしまった件

うつ 働き方について

こんにちは、あべし(@honjituno)です。個人的には、うつ治療中はなるべく大きな決断をしたくないと思っています。

 

しかし、決断を迫られてしまいました。明日とか、明後日とかの話ではないのですが、人生の岐路に立たされてます。

うつなので、大きな決断をしたくないのですが、決断を迫られてしまった件

うつ治療を始めてそろそろ11ヶ月。最近は食事も出来ていて、新しく飲み始めた薬も副作用がなく飲めています。

夜はまだ、自分の力だけでは眠れないのでお薬の力に頼っています。そのお薬の影響か、午前中は大抵寝ています。そこに目をつぶれば、気持ち的にも割りと安定して過ごすことが出来ていました。

 

そう、人事部の人と電話をするまでは・・・。

昨日、ツイッターでもつぶやいたりしておりましたが、うつの治療中で初の電話連絡をしたのです!復職をするなら、どこかのタイミングで乗り越えないといけない壁。なんとか壁は越えることが出来ました。

電話の相手は、入社当時に入社面談を担当してくれた方。入社試験から研修まで、とてもお世話になった方でした。私の休職の窓口になってくださったのは、会社が配慮してくれたからかもしれません。

午前中に、勇気を出して会社に電話をかけました。しかし、あいにくの席外し!外出しているけど、お昼には戻るということだったので、折り返し電話をいただけることになりました。

しかし、電話がなかなか来ない。

 

お昼をすぎても来ない。

 

午後一でも来ない。

 

3時のおやつがすぎても来ない。

 

緊張でなにも手につかず、コタツに入ってうずくまってました。(この時から少しだけ嫌な予感はしてたんです・・・)

そろそろ16時!という時に、ようやく会社から電話がかかってきました。心臓バクバク、手汗やばかったですけど、何とか対応出来ました。

電話の内容は、(今さら感は否めませんが)休職制度についての説明でした。会社には月に一度、メールで診察の状況を報告していたのですが、そのメールの内容から、休職制度についてちょっと理解仕切れてないことがあるのでは??ということになり、説明の機会を設けさせて下さい!と打診されました。

最初は??な感じでしたが、以前会社から頂いた休職制度の説明用紙を読み合わせていきました。そして、新たな事実が出てきたのです。

その事実とは、『休職期間が満了しても、復職が不可だった場合は、満了をもって退職になります!』ということでした。

 

???

 


!!!!!!!!

はわわわってなりました。しかもその休職制度は会社が独自に決めていた期間でした。そしてぼくの場合、休職期間の満了が今年の5月末。

5月末まで休んでしまうと退職になってしまうため、復職する場合は5月1日から復帰する必要があります。

 

5月1日に復帰するためには4月の産業医面談で復職してもOKという診断を貰う必要があります。

こんな感じのタイムリミットがあるので、次のお医者さんの時に認識あわせをしておいて下さい。ただ、くれぐれも体調を優先して、復職可能かどうかお医者さんと良く相談してくださいね!

という感じで、電話は終りました・・・。さて、どうしようかな・・・。

まとめ

そういうわけで、少なくとも数ヶ月以内に結構重大な決断をしなければいけない状況に立たされてしまいました。5月復職を目指して準備を始めるのか、今はしっかり休養して(会社は退職して)、新たな一歩を踏み出すのか・・・。

どちらを選んだとしても、自分の今後の人生が変わる決断です。なるべく大きな決断はしたくなかったのですが、まだ少し時間があるので、悩めるだけ悩みたいと思います。