読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【時事】東京都知事選挙について、みんなで考えよう!

f:id:abeshi01:20161011180711j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。本日、都知事選が告示されましたね!ぼくには選挙権はないですが、『東京都知事選について、みんなで考えよう!』という記事を書いてみたいと思います!

東京都知事選について、みんなで考えよう!

今回の東京都知事選について、少し思うところがありますので、こんな記事を書いております。      

先日ブロガーのちきりんさんがご自身のブログで、今回の東京都知事選について大変興味深いアンケートを実施しておりました。      
      
そのアンケート結果で大変興味深かったのは、『今回の有権者のほとんどが立候補者の中に支持する立候補者がいない』と回答していることでした。      
      
ちきりんさんは、私のブログ読者は偏っているので・・・とおっしゃっていましたが、私はある程度は民意を反映している結果だと思いました。      
      
そこで、現在の立候補者の方々の顔ぶれを見てみると・・・、今回のアンケート結果のようになるのも少し頷けました。

こんな人に都知事をやってほしい!


かなり偏った意見かも知れませんが、自分が都民だったらどんな人に東京都知事さんをやってほしいかな?と考えてみました。まずは、こんな条件の人じゃないかなーというところを書いてみます。

体力のある人


思い込みがあると思いますが、東京都知事さんのお仕事って結構大変なんじゃないかなと思っています。      

都知事さんは、東京都の行政のトップなので、時には毎日朝から終電まで・・・みたいな働き方を続けなければならないこともあるのではないのでしょうか?      
      
または、分刻みでスケジュールをばんばんこなしていかなければいけない仕事もあると思います。      
      

そこで求められる第一の資質って(そもそもなお話ですが・・・)"体力"だと思います。もちろんメンタルの面でもある程度のタフさは求められると思います(最後の方の猪瀬さんを見ていてとても感じました)。   
    
ここでぼくの話で恐縮ですが、休職する以前は、毎月結構な時間残業していました。それでも、ぼくはあまり大変ではない方。30代、40代のいわゆるプロジェクトマネージャーの方々は、見ていてとっても可哀想になるくらい忙しそうでした。   
    
民間企業の社員の働き方と、東京都で働く公務員の働き方は一概には比較出来ないとは思いますが、少なくとも私が働いていた頃よりも、仕事量は多く、責任も重いお仕事と言えると思います。

 

東京都知事でなくては出来ないこと”をやりたいと思っている人


体力の次は、やりたいと思っていることです。志的な部分です。

今日、ニュースでやっていた演説の様子を(ちょこっとだけ)拝見しましたが、それって東京都知事さんにならないと出来ないことなのかな??と疑問に思ってしまいました。       

例えば、東京都知事じゃないと出来ないことを考えてみると、『東京都知事として、東京オリンピックを成功させたい』、『東京都知事として、都政の仕事をマネジメントしたい』とかがぱっと思いつくところです。      
      
原発のお話を争点に!!みたいな主張を聞くことが多いですが、それははたして東京都知事さんのお仕事なのか??福島県の県知事さんになったり、国会議員として原発の法律とか、エネルギーに関する法律をガンガン作る、とかしていた方がいいのでは?と思ってしまうのです。      
      
東京都に住んでいる有権者の中には、原発問題について東京都として取り組んで欲しい!と思っている方もいらっしゃると思いますが、私は東京都知事さんよりも、総理大臣とか復興庁の方とか、廃炉技術を研究している研究者の方々に頑張って頂きたいと思っています。      
      
極論すると、オリンピックやりたいです!という主張だけで立候補しても良いと思ってます。あれもこれもやりたい!という主張よりも、やりたいことが明確で分かりやすいです。      

東京都民の民意と、都知事としてやりたいことに矛盾していない人


また、そもそもなお話になってしまいますが、東京都に住んでいる方が実現して欲しいと思っていることと、都知事さんになってやりたいと思っていることが矛盾していないこと、という条件もあると思います。      
 
都知事さんがどんなにやりたい!!と主張しても、東京都に住んでいる方が望んでいないなら、税金を費やしてやる意味がありません。それなら東京に住むのはやめて、他の県に引っ越そうと考える人もいると思います。      
     
ですので、自分の主張をもちつつも、ある程度都民の民意をくみ取って、粛々と業務をこなせる能力も求められるでしょう。メインでの作業者ではないにしろ、都政全体のマネージメントが出来なければいけません。      
      
そこで、この東京都の民意>都知事さんのやりたいこと、という優先順位だとすると、ちきりんさんのアンケート結果で、すでにある程度、今回の立候補者の主張と民意がずれていることが分かります。      
      
都知事選について、あまり詳しくないので的外れなことかもしれないですが、選挙に民意を反映させる条件(仕組み)として、『当選者は、投票者全体の○%以上あつめる必要がある。』みたいなものを入れてもいいんじゃないかと思います。      
      
あとは、そもそも投票率が○%以下だった場合は選挙やり直しとか、白票の割合が○%以上だったら同じく選挙やり直しみたいな条件。選挙は当選者が決まるまで繰り返し行うけど、立候補は1回しか出来ないとか。      
      
始めから何回も選挙があると思えば、1回の選挙にかかる費用も少なくなると思いますし、立候補する方も、選ぶ方ももっと真剣になると思います。みんな早く選挙は終らせて、実際に都政をやって欲しいはずですからね。      

まとめ

割と好き勝手に書いてしまいました・・・。以上の観点から今回の立候補者の方々を見てみると・・・。みなさんはどう思うでしょうか??      
      
何度も改定すようにぼくは有権者という立場ではありません。ですが!今回の選挙の機会に今後の東京にとって、一番必要なことは何なのか?といったようなことを、考えていきたいと思います!      

ぼくは今回の選挙についてはこう思う!とか、ご意見、ご感想がある方は、ぜひぜひコメントくださいませ!お待ちしております!      

それでは!