読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【ブログ】箱根駅伝の精神に学ぶ!その1エントリを削りだせ!

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今年も例年のように箱根駅伝を見ていたのですが、そこで目にとまった言葉があります。それは、「その1秒を削り出せ!」という言葉です。

ブロガーよ!その1エントリを削りだせ!

その言葉は、東洋大学の選手の腕に書かれていたものです。駅伝は、まさに1秒を争う競技。選手ひとりひとりから1秒でも早く、次の選手にたすきを繋ごうという気迫がびしばし伝わってきました。

我が家の近くがたまたま中継所の近辺ということで、箱根駅伝の2日目(復路)を生で観戦しに行ったのです。必死に走っている選手の姿を見て、なんと言っていいか分かりませんが、とーっても感動したのでした。

ここら辺で、ブログに話を戻します。箱根駅伝の選手が全身全霊をかけて削りだしている1秒。何となくですが、ブログ道にも通じるところがあるのではないかと思います。

箱根の選手に倣って、『ブロガーよ!その1エントリを削り出せ!』というスローガンを掲げたいと思います!

ABELOGでは、ただいま裏で、『1ヶ月間同時刻に毎日更新し続けたら何が起こるか?』という実験が進行中です。ちなみに更新時間は朝の5時(起きれないので予約投稿です)。

よーし!とりあえず一ヶ月間、頑張るぞー!とスタートしてみて、本日まではなんとか無事に続いております。

しかし、何というか、だらだらと更新してしまっている感を、更新している本人が感じてしまっていたのです。完全な中だるみです。

なんか、箱根の選手を見ていて、今自分に出来ることをしっかりやりたい!そう思ったのです。

そこで、今自分に出来ること。私の場合それは、うつ病治療とブログです(家事もちゃんとやっていますよ)。ABELOGはこれまで、ゆるーい空気をぷんぷんさせながら運営してきました。

が、ちょこっとだけ、その1エントリを削り出せ!精神を取り入れていきます。どうすれば、自分も楽しめて、読者の方々も楽しめて、価値のある情報を共有できるのか。そこら辺を突き詰めて考えてみたいと思いました。

読み手にブログのメッセージが伝わる文章を書くこと、その結果としてブロガーと読み手がメッセージを共有できること。

 

ABELOGはまだまだ発展途上なブログです。発展途上なりにですが、出来る限りの工夫を凝らして、読み手に届くエントリを削りだしたいです。

まとめ

ちょっと体育会系なエントリを書いてみました。もちろん、無理をしてはもともこもないと思いますので、そこはほどほどに。ゆるさを混ぜつつやっていきますよ。箱根の山を登るように一歩一歩進んでゆくだけです。

それでは!