あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【うつ】書いてスッキリ!気持ちを書き出すことのメリット

f:id:abeshi01:20161003121744j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今回は、気持ちを書き出すことのメリットについて書きたいと思います。

今、うつ病治療中で、回復期を過ごせている今日この頃。

でもたまにどうしようもない、なんともいえない不安感に襲われます。

そんな時に、ぼくが実践しているのが、『その時の気持ちを書き出す』ことです。

どうしようもない時の対処法の一つですが、気持ちを書き出すことのメリットについてまとめてみます。

書いてスッキリ!気持ちを書き出すことのメリット

1.客観的になれる

自分は今こんな風に思っているんだなーと『客観的』に自分の気持ちを眺めることが出来ます。

うつ病の治療の第一歩って、『自分は今うつ病の治療をしてるんだ』と向き合うことから始まると思うんです。

 

紙に書いて、自分の目で見ると、第三者の視点になれます。

2.気持ちがスッキリする

そこら辺にある紙でも、手帳でも何でもいいので、とにかくどんどん書いてみます。

特に考えず、直感的に。

ぼくの場合は、会社怖いよー!とか、将来不安だよー!とか手帳に書いてます。

書いた後は、結構スッキリします。ちょっと落ち着きます。

ちなみにぼくが使っている手帳は『EDIT』です!


EDIT デイリープランナー エディット | MARK'S DIARY | 1日1ページ手帳2013

 

マークス EDiT 手帳 2017 1月始まり B6変型 1日1ページ リフィル 17WDR-ETA-RFL

マークス EDiT 手帳 2017 1月始まり B6変型 1日1ページ リフィル 17WDR-ETA-RFL

 

 

3.記録として残る

何ともいえない不安に襲われた時、自分がどんな風に思っていたのか、記録として残ります。

内容もそうですが、襲われる頻度とか、時間帯とかが分かるので、お医者さんとのカウンセリングの時に役立ちます。

といった感じでしょうか。

まとめ

以下、まとめ(提案)です。

☆不安に襲われた時は、どんどん不安を書き出すようにする

☆ブログを開設して、外の世界と繋がってみるのはどうでしょうか

☆うつ病治療の出発点は、自分の気持ちと向き合うこと


と、色々書き出してみましたが、私の場合は手帳に加えてブログを書くという行為も自分がスッキリするためだったりします 笑!

ちょっとしたことでも普段から気持ちを書くようにしておくといいと思いますよー!