あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【時事】2013年7月21日 参議院議員選挙開票結果について思うことを書いてみる

こんにちは、あべし(@honjituno)です。時事問題についてはじめての記事は『参議院議員選挙』についてです。

今、横目で選挙結果報道番組(池上さんの番組)を見ながら記事を書いております。

やはり自民党が勝っていますね。。。

個人的には今回の選挙、あまり盛り上がらなかったなというのが正直な感想です。

自分がやって欲しいなと思う政策を掲げる政党がなかったので、一番理想に近い政党に投票してきました。

参議院議員選挙開票結果について思うことを書いてみる

一国民として以下のような意見を書かせて頂きたいと思います。

①増税の代わりに国会議員による寄付金制度の設立を!!

国民が増税が嫌だというのは議員の方々はわかっていると思います。だからといって、議員削減、公務員削減では、国のために失業者を増やすことになります。


そこで、現段階で給料をたくさんもらっている議員の方から、寄付金の形で財源を集めたらどうでしょうか?もちろん寄付金額ランキングを公表して頂きます。(金額、用途等)

②原発ゼロ!!ではなく、具体的なエネルギーの代替案を!!

原発反対は結構だと思います。福島第一原発の廃炉もままならないのに、原発を推進するのは日本では非現実的です。

政治家として主張するなら具体的なエネルギー代替案ではないでしょうか?ただ再生可能エネルギーではなくて、太陽光なのか風力なのか。その財源はどうするのか。従来の原発産業従事者はどうするのか含めです。

個人的には、原発の代替エネルギーとしては、再生可能エネルギーが充分普及するまでは、火力発電+二酸化炭素回収・貯留技術で需要を支えつつ、地熱発電を進めるべきだと考えます。(国立公園内の規制を国が何とかすべきと考えます。)

付け加えてとなりますが、選挙投票率を上げるための意見も書かせていただけたらと思います。

①選挙投票しない人達に対して『増税』する!

投票率を最も簡単に上げるためには、投票した人が得をする仕組みではなく、投票しなかった人が損をする仕組みを作ることが効果的ではないでしょうか?

②『白票』率に応じて、国会議員の給料を減額する!

選挙の投票率は、国民の政治への期待度の表れです。

投票率が低い場合には、国会にて国会議員の給料に見合った建設的な議論がされていないと国民が判断した結果です。

投票数に対する白票の割合で国会議員の給料を減額し、その分を国民の福祉分野に還元すべきです。

まとめ

以上、誠に勝手とは思いますが、現状の選挙に対する意見を述べさせて頂きました。
政党同士の争いにとらわれず、建設的な議論が出来る国会議員の方が一人でも増えることを期待します。