読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【エコ】身近で出来るCO2削減 トイレ編

エコなおはなし

f:id:abeshi01:20161008184139j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)について、私たちの身近で削減可能な方法について記事を書きます!

身近で出来るCO2削減 トイレ編

第一弾はずばりトイレについてです!

これまでトイレのエコについては色々と紹介されていると思いますが、普段ぼくが実践しているもの(お店などの公共の場)を紹介していきたいと思います。

①便座暖房機能付トイレは使用後はふたを閉める

座ったとき、便座が温かい状態になっているトイレでは、使用後ふたを閉めるだけで、
電力消費量が減るためCO2排出量が少なくなります。これは、次にトイレを使用する方への気遣いでもあります。

②ドライヤーは使用しない

洗面台のとなりあたりに、手を乾かすためのドライヤーがついていることが多いですが、ハンカチなどを持っていれば使用せずにすむため、極力使用しないようにしています。手を拭く紙が設置してある場合も、同様です。

③他に誰も使用していない場合には思い切って照明を切る

個室型のトイレでも、割と大き目のトイレでも自分以外使用している人がいないな、と思えば思い切って電気を消すようにしています。


お店によっては、電気のスイッチのところに『節電のご協力をお願いします。』などのメッセージが書かれていることがありますが、とても環境への意識が高いなと思います。(電気代の節約による、コストカットが本音かと思いますが、どちらにせよいいと思います。)


もし、自分がトイレを出て、誰も使用していないもに何十分も電気がついたままになっていたら、それだけでエネルギーの無駄遣いです。


それに、トイレに入った時に電気が消えていれば、次に使用した方も使用後に電気を消し、トイレを出てくれるかも知れません。

ちなみにこの記事を書くにあたり資料を探していたら『トイレナビ』というサイトを見つけました。以下にURLを記載いたしますので、興味のある方は是非見てみて下さい!

http://www.sanitary-net.com/

まとめ

今回はトイレというテーマで、省エネという観点からエコの記事を書いてみました。

 

個人的にはお店を含め、公共機関には、東日本大震災直後の節電とまではいかないにせよ、無理のない範囲での節電をし、無駄に消費されるエネルギーを少しでも削減して頂きたいと思っています。

以上、身近で出来るCO2削減 トイレ編でした!