読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【エコ】シェールガス採掘に伴う環境問題

エコなおはなし

 こんにちは、あべし(@honjituno)です。初の環境の記事を書きます。何か環境問題で気になる記事などがあったら、このテーマで書いていきます。

シェールガス採掘に伴う環境問題

最近話題のシェールガスの開発に伴い、新たな環境問題が発生しているとのことです。3月3日の日経新聞に掲載されていました。

 

シェールガスは地下深くにある頁岩層という層にあるそうです。アメリカはこのシェールガスを大量に採掘し、石油資源の輸入国から輸出国になることを目指しているそうです。

 

シェールガスの採掘には『フラッキング』という掘削技術が利用されています。硬い岩を高圧の大量の水で砕いて、そこからシェールガスを回収するという技術です。

 

しかし、掘削に用いられる大量の水の中には、化学物質が含まれていて、適切に排水処理が行われないと地下水や周辺の河川が汚染されてしまいます。

 

f:id:abeshi01:20161010121440p:plain

※以下のNAVERまとめから引用

matome.naver.jp

注目されている資源ですが、フラッキングに伴う排水処理を適切に行うか、環境負荷の少ない掘削技術が開発などの環境対策に取り組まないといけないね!という記事でした。

 

環境にやさしい技術や資源だからといって、その技術自体が環境に負荷を与えていないかどうか考慮しなければいけないということですね。

 

環境対策技術自体の環境への負荷については、大学時代の研究でもよく取り上げられた話題でした。ぼくは環境問題の中でも『地球温暖化』対策技術についての研究を行っていたのですが、二酸化炭素削減技術自体の二酸化炭素排出量についても当然考慮していました。(少しややこしいですが・・・。)研究についてのお話はおいおい記事にしていきます。